ヒストリー

Red Bull Air Race World Championshipの歴史

2002年に構想され、2003年に第1回大会が開催。そして2005年より正式にRed Bull Air Race World Championshipとしてスタート。それから11年が経過したRed Bull Air Race World Championshipは、究極の三次元モータースポーツとして世界的な評価を得ています。世界最新の航空レースを提供しようというアイディアを元にRed Bullによって考案されたこのイベントは、現時点で既に当初の目標を遥かに超えた存在に成長しています。

Red Bull Air Raceは他では見られない素晴らしい光景が展開されるイベントとして急速にその認知度を高めています。このイベントでは世界有数のパイロットによる高速低空飛行と高度な操縦技術が披露されます。

エアレース専用のコースは、長年の研究と審査によってデザインされています。通過ゲートに使用されるユニークなエアパイロンは2002年に開発され、その後毎年改良が施され、2014年に現在のスタイルとなりました。エアパイロンは丈夫な作りですが、接触時の安全面も考慮されており、もし破れた場合も数分で修復することが可能です。

また2014シーズンからは、若手パイロットがマスタークラスで戦うために必要とされる高速低空飛行のスキルを磨くチャンスを与えるために、下位クラスのChallenger Cupが創設されました。