インディアナポリス:室屋が優勝&ワールドチャンピオン獲得

日本人パイロットが素晴らしいフライトで4勝目を挙げ、悲願の初タイトルを獲得した

Yoshi in top spot

Red Bull Air Race史上最も予想がつかない展開となった2017シーズン。その最終戦インディアナポリスのファイナル4を制したのは、日本人パイロット室屋義秀だった。この結果、室屋はマルティン・ソンカを4ポイント上回り、ワールドチャンピオンのタイトルを獲得した。

室屋義秀は緊張感高まるファイナル4の1番手として登場したが、いきなりパーフェクトなフライトを披露し、さらにはトラックレコードを1秒以上更新。プレッシャーを扱う才能が誰よりも優れていることを強烈にアピールした。

室屋のタイム1分03秒026を上回るのはかなり難しいと思われたが、まず、マティアス・ドルダラーとフアン・ベラルデが、ソンカよりも先に室屋へ挑んだ。

そして、2番手のドルダラーが親友のタイムを上回ることはなかった。全てのスプリットタイムで遅れたドルダラーは、最終的に室屋から2.520秒遅れてフィニッシュ。また、ベラルデも上回ることができず、ドルダラーよりも遅いタイムでフィニッシュした。

この結果、ソンカのタイトル獲得条件は室屋を上回るか、2位に入るかのどちらかに絞られたが、チェコ人パイロットのファイナル4のフライトは冴えなかった。バーチカルターンでストールし、室屋から4秒以上も遅れたソンカは、結局4位に終わり、ワールドチャンピオンを室屋に譲った。

インディアナポリスを制した室屋は、アジア人初のRed Bull Air Raceワールドチャンピオンに輝いた。2017シーズンに4勝を挙げた日本のエースパイロットは、タイトルホルダーとして大きな注目と共に2018シーズンを迎えることになる。

 

第8戦インディアナポリス:マスタークラス ファイナル4結果

 

第8戦インディアナポリス:マスタークラス 最終結果

 

2017シーズン ワールドチャンピオンシップ 最終順位