アスコット:フリープラクティス結果

フリープラクティス1&2はドルダラーが安定したタイムを残した

Dolderer on strong form at Ascot

3シーズン連続でRed Bull Air Race World Championshipの開催地に選ばれたアスコット競馬場で、マスタークラスのパイロットたちがフリープラクティスに臨んだ。好天に恵まれた中、午前、午後の2セッションが行われ、現在総合首位に立つマティアス・ドルダラーが1日を通じて安定したフライトを披露。ワールドチャンピオン獲得へ向けて余念がないことをアピールした。

 

ドイツ人パイロットのドルダラーは午前の1本目で1:04.224を記録。2位にはオーストラリア人パイロットのマット・ホール(1:06.685)、3位にはスペイン人パイロットのフアン・ベラルデ(1:07.886)が続いた。

ドルダラーは午後の2本目も好調を維持し、別のラインを試しながらも1:06.323の好タイムを記録。しかし、2本目のトップに立ったのは1:05.965を記録した室屋義秀で、2位には現在総合12位と不調のマイケル・グーリアンが入った。グーリアンはアスコットに向けて燃料とスモークオイルシステムを変更して軽量化に成功しており、これがタイムに繋がった。

 

マスタークラス:フリープラクティス1結果

 

マスタークラス:フリープラクティス2結果