アスコット:マスタークラスはマット・ホールが優勝

オーストラリア人パイロットが見事なフライトでシーズン初勝利を記録

Hall's first win in 2016

Red Bull Air Race World Championship第5戦アスコットは、マット・ホールがここぞのタイミングで実力を発揮し、シーズン初勝利を記録した。ファイナル4に進出したホールは、それまで圧倒的な力を見せていたマティアス・ドルダラーに1.461秒差をつけて優勝した。

 

ファイナル4でのマット・ホールは1:03.426の好タイムを記録し、他の3人のパイロットを寄せ付けなかった。1番手としてフライトに挑んだマット・ホールのタイムは他のパイロットたちへプレッシャーをかけることになり、2番手のマイケル・グーリアンはオーバーGでDNFとなった。

シーズン初の表彰台を目指すグーリアンだったが、バーチカルターンで力みすぎてオーバーGを記録。4位でレースを終えた。3番手に登場したハンネス・アルヒもコースアウトでDNFとなった。オーストリア人パイロットのアルヒは実力があるだけに、これは残念な結果となった。しかし、ラウンド・オブ・8でグーリアンより好タイムを記録していたことから3位に入った。

4番手として最後に登場したマティアス・ドルダラーはホールに迫る素晴らしいフライトを披露したが、ラウンド・オブ・14やラウンド・オブ・8で記録したタイムには及ばず、2位で終わった。この結果、ドルダラーは12ポイントを獲得し、チャンピオンシップ争いで2位以下とのリードを広げることに成功したが、ワールドチャンピオンが誰になるのかはまだ分からない。

 

マスタークラス:ファイナル4結果