アスコット:予選はドルダラーが首位

総合首位のドイツ人パイロットが盤石のフライトで首位通過

Dodlerer tops the table

Red Bull Air Race World Championship第5戦アスコットの予選が開催され、現在総合首位に立つドイツ人パイロットのマティアス・ドルダラーがアスコットのコースレコードとなる1:05.038を記録して予選を首位通過した。2位には0.134秒差でチェコ人パイロットのマルティン・ソンカが入り、3位にはトップから0.223秒遅れの1:05.261を記録した室屋義秀が入った。

予選では上位3人だけが1分6秒台を切るタイムを記録した。4位には1本目のタイムを活かしたフアン・ベラルデが入った。

第5戦アスコットは滑走路からスタートするテイクオフスタートなので、通常は2ラップ連続でタイムを記録する予選が1ラップずつに分けられた。この結果、パイロットたちは1ラップずつ機体を調整したり、集中し直したりすることが可能になった。

ニコラス・イワノフとペトル・コプシュタインがそのメリットを最大限活かし、2本目で一気に2秒近くタイムを削ることに成功した他、現在総合2位につけているハンネス・アルヒも1本目を終えた段階では11位だったが、2本目で一気にタイムを縮めて7位まで上昇。ワールドチャンピオンの経験があるアルヒは決勝レースに向けて更に仕上げてくることが予想される。

一方、地元期待のナイジェル・ラムは11位に沈んだが、決勝レース日は大声援が彼の背中を押すはずだ。

 

マスタークラス:予選結果