第2戦シュピールベルク優勝はドルダラー!

Red Bull Air Race第2戦はドイツ出身のマティアス・ドルダラーが優勝。Red Bull Air Race初勝利を記録した。

Dolderer was elated to take a first ever win

オーストリア・シュピールベルクのレッドブル・リンクで開催されたRed Bull Air Race World Championship第2戦はマティアス・ドルダラー(ドイツ)が地元優勝の期待がかかっていたハンネス・アルヒをかわして優勝した。

予選1位通過のフアン・ベラルデ(スペイン)がラウンド・オブ・14で敗退し、優勝候補とみられていたマット・ホール(オーストラリア)もラウンド・オブ・8でまさかの敗退。ファイナル4はドルダラー、アルヒ、ピート・マクロード(カナダ)、ナイジェル・ラム(英国)の顔合わせとなった。4人ともミスのない完ぺきなフライトを披露し、コンマ数秒を争うハイスピードな戦いとなった。

そのファイナル4では、まず1番手だったマクロードがこの日の自己ベストとなる57.598秒を記録してプレッシャーをかけたあと、昨年の雪辱を狙うハンネス・アルヒが地元の大声援を受けながら2番手として登場した。

アルヒは高い精度とスピードを誇るフライトを披露し、マクロードを上回るパフォーマンスを披露。57.336秒と地元開催のプレッシャーを感じさせない素晴らしいタイムで、暫定首位に躍り出た。

3番手に登場したマティアス・ドルダラーは、レースウィークを通じて自信を感じさせるパフォーマンスを維持していたが、ファイナル4でもスタートゲートから集中力を維持した冷静沈着なフライトを披露。地元優勝を狙うアルヒに遠慮することなく貪欲に優勝を狙ったドルダラーはペナルティを受けることなく、完ぺきに近いパフォーマンスと美しいラインを維持し続け、アルヒに0.340秒差をつける56.996秒の素晴らしいタイムで首位を奪った。

そして、2014シーズンにこの地でワールドチャンピオンに輝いた経験を持つナイジェル・ラムが最後に登場。最初のスプリットタイムでドルダラーを上回り、このレーストラックとの相性の良さを見せつけ、その後も素晴らしいフライトを披露したが、最終的にはドルダラーのタイムに0.353秒及ばず、3位でフィニッシュ。ドルダラーのRed Bull Air Race初勝利が決まった。

ドルダラーは優勝決定後に「最高だ。ついに夢が叶った! チームに感謝したい。ようやく結果が出せた。言葉が出ない」と喜びのコメントを発表した。

 

◆パイロット決勝後コメントはこちら>>

 

第2戦シュピールベルク:マスタークラス最終結果