フォートワース:決勝レース後 パイロットリアクション

マスタークラスパイロット14名が素晴らしいレースとシーズンを振り返った

Joy for Sonka

3大陸・7カ国・8レースを経てワールドチャンピオンが決定した。Red Bull Air Race World Championship 2018シーズンは記憶に残るシーズンになった。全ての戦いを終えたマスタークラスパイロット14名のコメントを紹介する。

 

1位:マルティン・ソンカ

昨シーズンとは違う結果になった。自分のスポーツキャリア最大の功績だ。マイケル(グーリアン)がファイナル4に残れなかったのが唯一残念だったが、素晴らしいレースだった。全員が楽しんでくれたと思う。チェコ人は特に楽しんでくれたはずだ。ファイナル4はクリアなマインドでフライトすることができた。マットが素晴らしいタイムを記録していたのは知っていたので、ペナルティやミスをしないでさらにプッシュすることだけを意識した。その通りのフライトができた。これ以上の幸せはない。

 

2位:マット・ホール

興味深い1日だった。目の前のラウンドだけに集中するというプラン通りに進めていった。ひとつひとつのラウンドに集中できていた。勝つためにはそれが必要だった。ファイナル4ではマルティンを上回る必要があり、自分が先攻だったので、全力を出した。あれがペナルティを受けない範囲でできる最大限のプッシュだった。決勝レース日最速クラスのタイムを出したあと、マルティンが自分を上回るタイムを出したのを知った時は落胆した。これで3回目の "世界2位" だ。世界3位も一度記録しているので、シーズンをトップ3で終えたのはこれで4回目だが、まだ1位を取れていないことにかなりのストレスを感じている。

 

3位:カービー・チャンブリス

素晴らしい気分だ。もちろん、いつも通り優勝を狙っていた。全力を出し、必要と思われることを全てやった。自分のタイムにはやや落胆したが、同時に他のパイロットのタイムに驚かされた。とはいえ、表彰台に上れたのでハッピーだ。2019シーズンに向けての良いスタートになったと思う。もっと速くなる予定だ。

 

4位:ベン・マーフィー

おとぎ話のように素晴らしい形でデビューシーズンを終えることができた。マスタークラスデビューになった開幕戦アブダビの時点では、こんな短期間でここまでのことが成し遂げられるようになるとは思ってもいなかった。天に昇るような気分だ。自分にもチームにも満足している。最終戦は難しいレースだった。フリープラクティスでも予選でもベストを見出すことができなかったので、今日レースエアポートに到着した時点でファイナル4進出は期待していなかった。だが、素晴らしい形で2019シーズンに向かえる。

 

5位:室屋義秀

今日はとても良い感触でした。ラウンド・オブ・8も調子は良かったですが、カービーが信じられないほど素晴らしいタイムを出したので、残念ながらファイナル4には進出できませんでした。ですが、フライトには満足しています。天候が不安定だったのでパイロットにとっては良い状況ではありませんでしたが、パイロットのスキルを試す良いテストになったと思います。自分は特に問題はなかったので満足しています。

 

6位:ミカエル・ブラジョー

レース機体の中は快適だった。レーストラックのフィーリングも最高だった。ラウンド・オブ・14を突破してラウンド・オブ・8に進出したが、残念ながら期待通りのパフォーマンスができなかった。しかし、シーズン全体には満足している。マスタークラスデビューシーズンを好調で終えて迎えた今シーズンは、総合順位の上位半分に入ることが目標のひとつだった。チームとしてかなりのハードワークをこなした。パイロットとしてのスキルアップはもちろん、レース機体と戦術面にも取り組んだ。チーム全体の士気の高さが高い目標をクリアする助けになった。今日の結果は、2019シーズンに向けての非常に良いスタートになったと思う。

 

7位:フアン・ベラルデ

今日は昨日とはコンディションが大幅に変わっていたので、非常にチャレンジングだった。風向きと気温が大きく変わったので、全ての挙動が昨日とは異なっていた。完全に新しいレーストラックになっていた。ラウンド・オブ・14で素晴らしいラインをフライトできたので、ラウンド・オブ・8で再現を狙ったが、ラインを間違ってしまい、パイロンを避けようとしてペナルティを受けてしまった。シーズン全体としては良かったと思う。トップレベルで戦える競争力が備わっていて、総合順位も2つ上げることができたので、ハッピーだ。

 

8位:マイケル・グーリアン

ラウンド・オブ・14でエンジンに問題が発生し、良いタイムが出せなかったので、ラウンド・オブ・8でマルティンと対戦しなければならなかった。マルティンはレースウィークを通じて速かったので、勝つためには全力を出さなければならないことは分かっていた。守りのフライトをして0.5秒差で負けていれば、自分で自分を叱り飛ばしていたと思う。今年は自分とチームにとって素晴らしいシーズンになった。変えるべき要素はひとつもない。さらに強くなって2019シーズンを迎えるつもりだ。

 

9位:ニコラス・イワノフ

フォートワースのレースは気分が良い。このようなスピードウェイでのレースが好きだ。フォートワースは好成績を収めた経験があるレーストラックだが、今日はそうならなかった。週末を通じて満足できなかった。マルティンを上回るためにはかなりのリスクを負わなければならなかった。その結果、スタートゲートの通過スピードがわずかに超過してしまい、ペナルティを受けてしまった。ペナルティがなくてもマルティンには敗れていた。今シーズンは開幕から最悪だった。レース機体がダメージを受けてしまい、修復も予想していたより時間がかかってしまった。幸運なことに、インディアナポリスでは良い結果が出せたが、今はもう来シーズンに目を向けている。冬の間にハードワークを重ねて成長したい。

 

10位:フランソワ・ルボット

避けられるミスをしてしまったが、ペナルティ抜きのタイムには満足している。とはいえ、自分の感覚をもう少し信じたフライトをしていればもっと良い結果が出せただろう。過去の経験から、好調時は全力で挑むというプランを採用しているが、今回はこのプランが上手くいかなかった。ファイナル4を狙える感触があったので、今日の結果は非常に残念だ。

 

11位:ピート・マクロード

楽しむことと好タイムを出すことだけを考えていたが、残念ながらパイロンヒットを記録してしまった。風が変わっていたので、判断を誤ってしまった。それだけの話だ。ペナルティ抜きのタイムは問題なかった。パイロンヒットを除けば、自分の理想のラインをなぞれていた。

 

12位:ペトル・コプシュタイン

ヨシ(室屋義秀)に勝つためにはリスキーなラインを選択しなければならないことは分かっていた。ヨシのフライトは素晴らしく、レース機体も速いので、とにかく全力を尽くしたが、上回ることができなかった。今シーズンの他のレースと同じように、今日のレースも貴重な学習機会として捉えている。新しいエンジンと新しいシステムを導入するので、2019シーズンが楽しみだ。より速く、より安定したフライトができるようになることを願っている。もちろん、今シーズンの総合順位には全く満足していないが、総合5位で終えた昨シーズンよりも多くを学ぶことができた。ポジティブに捉え、今シーズンの経験を来シーズンに活かすつもりだ。集中し、ポジティブな姿勢を維持して、2019年を良いシーズンにしたい。

 

13位:マティアス・ドルダラー

予選を首位で通過したのでかなりの自信と共に臨んだが、待機中に問題が発生し、レースのために用意していたパワーを出し切ることができず、スピードが落ちてしまった。ペナルティは愚かだった。来シーズンに速いフライトができることはすでに分かっている。安定感を取り戻して、決勝レース日も速く飛べるようにしたい。

 

14位:クリスチャン・ボルトン

マイケル(グーリアン)に勝つ気でいたが、今日は天候的にチャレンジングだった。昨日より気温が低かったので、レース機体の反応がかなり速くなっていた。待機中にマイケルのタイムを聞いて勝てると思ったが、実際のレーストラックではオーバーGを記録してしまった。フライト後にビッグスクリーンで確認したペナルティ抜きのタイムは悪くなかったが、レースなので仕方がない。

 

■Information

第8戦フォートワース レース結果はこちら>>