インディアナポリス:予選 パイロットリアクション

2017シーズン最終戦の予選を終えたマスタークラス14名のコメントを紹介する

Hall was quickest today

Red Bull Air Race World Championship 2017シーズン最終戦インディアナポリスの予選はマット・ホールが首位で通過したが、この日最大の話題となったのは、ラウンド・オブ・14でのソンカと室屋の直接対戦が決定したことだった。マスタークラス14名の予選後のコメントを紹介する。

 

マルティン・ソンカ


インディアナポリスのレーストラックはバーチカルターンがカギだ。また、ジャッジの判断によっても大きく変わってくる。今日は狙い通りのフライトをしたが、バーチカルターンでストールしてタイムを落としてしまった。優勝を狙うなら、全員に勝つ必要がある。明日のラウンド・オブ・14は楽しいレースになるだろう。

 

室屋義秀


エンジンのセッティングがまだパーフェクトではないので、スピードが得られずに苦労しました。ワールドチャンピオンになるためには、いずれにせよマルティン(ソンカ)を上回らなければならないので、初戦で当たっても問題ありません。全力を尽くすだけです。

 

ピート・マクロード


ここ数日のフライトから考えれば、予選の内容は良かった。もちろん、最速タイムは出せなかったが、タイムは徐々に良くなっていった。また、クリーンなフライトを続けられている。ヨシ(室屋義秀)とマルティンがいきなりラウンド・オブ・14で対戦することになって驚いた。そこまで大きなことではないのかもしれないが、いきなりひとりが敗退する可能性があるので、ポイント的には自分の後押しになるだろう。インディアナポリスの優勝ではなく、ワールドチャンピオン獲得を目指しているのでポイントが重要だ。明日はスピーディでクリーンなフライトするだけだ。あとは様子を見守りたい。

 

カービー・チャンブリス


予選は思うようにいかなかった。ここ数日、レーストラックの攻略に苦労している。色々と試しながら最適解を見出そうとしているところだ。明日は天気が崩れるという予報が出ているが、悪天候の方が良い結果が出せる傾向があるので問題ない。北からの風がレースを大きく左右するだろう。今日はベストパフォーマンスではなかったが、明日は明日だ。まだ勝負は終わっていない。

 

マット・ホール


機体の調整が上手くいっている。繰り返し言っていることだが、今シーズンは前半を調整に充てて、最終戦に向けて仕上げていくことを目標にしていた。まだ色々と学んでいる段階だが、良いフライトができているので、上手くいっていると言えるだろう。レースに勝てるスピードと自信が得られている。4人のパイロットでワールドチャンピオンを争う状況は、自分なら勘弁してもらいたい。これまで経験したタイトル争いは2人までだった。4人はかなり大変だ。明日は天候が崩れるという話もあるので、今日とは全く違うレースになるだろう。

 

ペトル・コプシュタイン


スーパーハッピーだ。上手くいった。予選2位はパーフェクトな結果だ。非常に難しいレーストラックだということを踏まえると、文句はひとつもない。上位には入れると思っていたが、6位か7位だろうと予想していたので、今日の結果は嬉しい。また、狙い通りの改良を加えることができたので、ベターなラインが得られている。あと0.5秒縮められるのは分かっているが、今日はリスクを負いたくなかった。

 

フアン・ベラルデ


今日の結果には満足している。予選3位は上々の結果だ。前日のフリープラクティス1から上向きだ。最初は高度ペナルティを複数回受けてしまったが、それから徐々にタイムを伸ばせているので、レーストラックに自信を持てるようになっている。ハッピーだ。

 

マティアス・ドルダラー


100%満足ではないが、少なくともペースは掴めている。あと少しでベストな状態へ持っていける。予選の1本目はペナルティを除けば4位のタイムが記録できた。2本目はバーチカルターンでタイムを失ってしまったので、ここを見直す必要がある。明日の天気が良くなることに期待したい。今日と違う風向きになれば、エキサイティングなレースになるだろう。風向きが変われば、パイロットはゲートの進入角度を再調整する必要があるので、レース全体に影響が出る。サプライズが数多く生まれるはずだ。

 

マイケル・グーリアン


明日はもっとスピードが出せるはずだ。今日は興味深い1日だった。風向きが変わり、気温も上がった。予選1本目は安全策を取ってしまった。2本目は全力で挑んだが、ペナルティを受けてしまった。バーチカルターンを見直したい。なぜなら、あそこで1秒変わってくるからだ。インディアナポリスで是非とも優勝したい。表彰台に上れなかったら落胆するだろう。表彰台、つまり3位以内が現実的な目標だ。ヨシとマルティンがいきなり対戦するので、優勝のチャンスは全員にある。

 

ミカエル・ブラジョー


奇妙な感覚だ。フライト中の機体は好感触でエンジンも機能していたが、バーチカルターンで正しいラインを見つけることができなかった。プルしすぎてストールしてしまったか、プルが足りなかったかのどちらかだろう。バーチカルターンを上手く飛んで、パーフェクトなラインを見つけたい。バーチカルターンのGフォースが9Gしかない時があるので、限界までプルしたい。

 

ニコラス・イワノフ


フリープラクティス3に比べると、予選のタイムはかなり悪い。フリープラクティスより2秒も遅かった。フリープラクティス3はリスクを負ったが、予選はペナルティを受けたくなかったので、リスクを負わなかった。守りすぎたのかもしれない。レーストラックは気に入っているが、ベストラインとセーフティラインの距離が非常に近い。

 

ピーター・ポドランセック


バーチカルターンでかなりのタイムを失っている。少なくとも1回1秒は失った。他のセクションは問題なかった。ラインも良い。今日の風向きは南だったが、明日は北西になると言われているので、様子を見守りたい。風向きが変われば、全員がラインを見直すことになるだろう。

 

フランソワ・ルボット


予選のフライトには満足していない。愚かなミスで1本目を無駄にしてしまった。2本目はラインに沿ってある程度快適なフライトができた。リズムに乗れず、タイミングも良くなかったが、仕方がない。

 

クリスチャン・ボルトン


強風がかなり厄介で、いくつかのゲートを難しくしていた。ゲート4とゲート5は簡単にパイロンヒットしてしまう可能性がある。予選1本目は望み通りのフライトができなかったが、2本目は悪くなかった。明日は天候が崩れ、風向きも180°変わりそうなので、全員にとってタフなレースになるだろう。

 

Red Bull Air Race World Championship 2017シーズン最終戦ラウンド・オブ・14は日本時間10月16日午前2時からスタートする。ライブストリーミングはこちら>>