マティアス・ドルダラー:キャリアハイライト

ドイツ人パイロットのRed Bull Air Raceにおけるハイライトを紹介する。

Dolderer's top winning moment

2016シーズンの第2戦終了時点で総合首位に立っているのがマティアス・ドルダラーだ。5シーズン目を迎えたドルダラーは現在絶好調で、今シーズンの優勝候補に名乗りを上げている。今回は彼のキャリアハイライトを振り返っていく。

1:Red Bull Air Race World Championship参戦
ドルダラーは人生の大半を飛行場で過ごしてきたため、空を飛ぶことは自分の体に染みついている。14歳で初めての単独飛行を記録したドルダラーは、パイロットライセンス取得後まもなくしてエアロバティックのドイツ代表チームに参加。Red Bull Air Raceには、マット・ホール、室屋義秀、ピート・マクロードと共に2009年から参加している。参加当時のドルダラーがRed Bull Air Raceに懸ける思いを語っている動画(英語)はこちら>>

2:初の表彰台
ドルダラーはデビューシーズンとなった2009年、いきなり素晴らしい活躍を見せ、シーズン最終戦となったバルセロナでキャリア初の表彰台を記録した。

 

3:予選首位通過
ドルダラーは2015シーズンのフォートワースで予選最速タイムを記録し、自身初となる予選首位通過を果たした。また、フォートワースは室屋義秀、ピート・マクロード、マット・ホールがそれぞれ2位、3位、4位でフィニッシュしており、ドルダラーを含む "2009年組" にとって記念すべきレースになった。

 

4:2015シーズンの活躍
2015シーズンはドルダラーにとって最高のシーズンとなった。第2戦千葉で表彰台を記録した彼は、最終戦ラスベガスでも表彰台を記録。キャリア最高となる総合5位でシーズンを終えた。

 

5:初優勝
長い時間がかかったが、2016シーズンでドルダラーは遂に念願の初優勝を記録し、ひとつのピークを迎えた。その記念すべき初優勝の舞台となったのは、開幕戦アブダビ2位という勢いをキープして挑んだ第2戦シュピールベルクだった。第3戦千葉でもその勢いを維持できるかに注目が集まっている。