千葉:予選はグーリアンが首位 室屋は3位

2018シーズン第3戦の予選は総合首位が実力を示した

Goulian roars

Red Bull Air Race World Championship 2018シーズン第3戦千葉の予選が開催され、米国人パイロットのマイケル・グーリアンが首位通過を果たした。

現在総合首位に立つグーリアンは、1本目はペナルティを受けるなど終始低調なフライトだったが、2本目は振り切れたフライトを見せ、今大会2位の好タイム55.424秒で首位通過を果たした。2位には0.634秒遅れでカービー・チャンブリス(米国)が入った。

3位には56.403秒を記録した日本期待の室屋義秀が入り、4位にはマティアス・ドルダラー(ドイツ)が続いた。5位にはピート・マクロード(カナダ)が入った。

千葉入りしてから好調を維持していたマット・ホールは、予選では活躍できず12位でフィニッシュ。この結果、決勝レース日のラウンド・オブ・14で室屋と対戦することが決まった。

ホールと同じく、マルティン・ソンカ(チェコ)もフリープラクティスの好調を維持できず、予選は9位でフィニッシュした。

最下位は2018シーズンからマスタークラスに昇格したばかりのベン・マーフィー(英国)で、ラウンド・オブ・14でグーリアンと対戦することが決まった。

 

2018シーズン第3戦千葉:マスタークラス予選最終結果

 

◾️Information

第3戦千葉のラウンド・オブ・14は27日14時から開始予定。母国開催三連覇をかけた室屋義秀のフライトに大注目。観戦チケットの購入及び詳細は特設サイト http://rbar.jp でご確認ください。