クリスチャン・ボルトン

パイロット情報

パイロット遍歴

Pilot quotes

クリスチャン・ボルトンはチリ空軍少佐/戦隊長であり、チリ空軍パイロット9人が所属し、30年以上の歴史を誇るエアロバティックチームEscuadrilla de Alta Acrobacia Halconesのリーダーでもある。Halcones(スペイン語でハヤブサの意)はこれまでに南米・北米・英国・フランス・イスラエル・ペルー・ボリビアなどでパフォーマンスを披露している。

エンジニアリング、軍用航空学、人材開発の学位を持っているボルトンは、1992年にチリ空軍アカデミーでパイロットとしてのキャリアをスタートさせ、1995年からは戦術戦闘機パイロットとして軍に貢献した。戦闘機パイロット兼教官として活動している彼は、数多くの機体の操縦経験を誇る。

また、総飛行時間は3000時間を越えており、その中の1000時間以上はエアロバティックパイロットとして7年間搭乗したExtra 300Lによるものだ。

なかなか結果を出せずに終わったマスタークラスのデビューシーズンだったが、「オフシーズンを使って成長し、2018シーズンはより戦えるチームになることを目指すつもりだ。これはすでに決まっている」と語った。