マット・ホール

パイロット情報

パイロット遍歴

Pilot quotes

過去2シーズン連続でRed Bull Air Race World Championship総合2位を記録した実力者。安定感と粘り強さで知られるオーストラリア出身のマット・ホールは、我慢の年であった2017シーズンを終え、今シーズンは本気で総合優勝を狙ってくるであろう。

祖父と父もパイロットだったホールはオーストラリア国内トップレベルのパイロットとして知られている。15歳でグライダーのソロフライトを成功させたホールは、18歳でパイロットライセンスを取得したあと、これまでに様々な航空機で計5500時間以上の飛行時間を記録してきた。オーストラリア空軍中佐として数々の優秀な成績を収めた元軍属のホールは、同軍の年間最優秀戦闘機パイロット賞を受賞した経験があり、エリートパイロット育成担当も担当していた。また、オーストラリア人唯一のRed Bull Air Raceパイロットのホールは、国際レベルのエアロバティックスも経験豊富で、オーストラリア選手権でアドバンスクラス優勝、フリースタイルクラス優勝、アンリミテッドクラス2位を記録している。また、2015年にはその航空界への貢献が認められ、オーストラリア・リヴァリ・カンパニーから、オーストラリア200周年記念賞が授与された。

Red Bull Air Race World Championshipデビューとなった2009シーズン、ホールはルーキーパイロット初の表彰台を記録し、総合3位の好成績を記録した。また、2015シーズンには2勝を挙げ、シーズン最終戦まで王者ポール・ボノムを追い詰めたが、5ポイント差でボノムに届かず、惜しくもワールドチャンピオンの座を逃した。

2016シーズンのホールは古傷の再発など様々な不運に見舞われてシーズン序盤を不調で終えたが、その後は見事な復活を果たし、4戦連続でファイナル4へ進出。ブダペストで3位、アスコットとラウジッツで優勝と、素晴らしい結果を次々と残したホールは、総合首位に立っていたマティアス・ドルダラーに最後までプレッシャーをかけ続けた。しかし前半の不調が響き、シーズン最終戦を迎える前に総合2位が確定。2シーズン連続でワールドチャンピオンを逃した。

機体をMXS-RからEdge 540に変更。さらにコーディネーターにアンドリュー・マスグローブを新たに迎い入れた新体制のチームで挑んだ2017シーズン。新機体への対応とチームの熟成に時間がかかり、序盤は上位争いから遠ざかっていたが、第6戦ポルトで3位、第7戦ラウジッツで2位獲得とその本来の実力を発揮。2018シーズンはチャンピオン争いの一角を担うつもりである。