ミカエル・ブラジョー

パイロット情報

パイロット遍歴

Race team

"ミカ" ことミカエル・ブラジョーは、マスタークラス昇格1年目で他のマスタークラスパイロットから一目置かれる存在になった。2017シーズンのブラジョーはラウンド・オブ・8進出を4回記録。年間で24ポイントを獲得してルーキーパイロット史上最高成績を残した他、第7戦ラウジッツのラウンド・オブ・8では0.002秒差でマット・ホールに破れたものの、ファイナル4まであと少しという活躍を見せた。この結果に刺激を受けたブラジョーは、さらにプッシュして2018シーズンにキャリア初のマスタークラス表彰台を獲得しようとしている。

Red Bull Air Raceファンは、ミカを2014シーズンから知っている。フランス中西部アキテーヌ地方出身のブラジョーはチャレンジャークラスに2シーズン参戦し、2015シーズンにはチャレンジャーカップを獲得。2016シーズンはこの年から実施されたRed Bull Air Raceマスター・メンター・プログラム(Master Mentoring Program)の初参加者になった。エアロバティックス選手権でゴールドメダルを獲得した経歴を持ち、マスタークラスパイロットから直接指導を受けたブラジョーは、すでにトップレベルのパイロットにまで成長している。

ヴィルヌーヴ=シュル=ロットで生まれ育ったミカは、弱冠11歳で初のフライトレッスンを受けたあと、21歳でエアロバティックスフランス代表に選出され、歴代最年少のフランス代表パイロットになった。以降、彼はフランス代表チームの2度のゴールドメダル獲得に貢献し、エアロバティックス世界選手権とヨーロッパ選手権では個人 / チームの両方でゴールド、シルバー、ブロンズをコンプリート。フランス選手権でも表彰台を複数回経験している。エアロバティックスのフライトインストラクターやディスプレイパイロットとしても活躍しているミカは、3,000時間を超える飛行時間を誇っている。

ブラジョーは、エキサイティングで新しい競技で自分のスキルを高めるために、チャレンジャークラスが創設された2014シーズンからRed Bull Air Raceに参戦。2シーズンで表彰台9回(うち4回は優勝)を記録した彼は、2015シーズンにチャレンジャーカップ優勝を果たした。

2016シーズン、ブラジョーはこの年から新たに実施されたRed Bull Air Raceマスター・メンター・プログラムに参加。実戦の代わりに、元ワールドチャンピオンのナイジェル・ラムと彼のチームから直接指導を受け、ラムが実戦で使用するMXS-Rでトレーニングする機会を与えられた。2016シーズン限りでラムが現役を引退したことを受け、すでにマスタークラス・スーパーライセンスを取得していたブラジョーは、2017シーズンからマスタークラスに昇格。デビューシーズンでいきなり大活躍を見せた。