スティーブ・ジョーンズ

Steve Jones

パイロット情報

パイロット遍歴

Race team

Red Bull Air Raceパイロット(2003−2008シーズン)
スティーブ・ジョーンズは2003シーズンから2008シーズンに渡りRed Bull Air Raceに参戦し、2度の優勝を含む数多くの表彰台を獲得(年間最高位は2004シーズンの3位)。このスポーツの黎明期に大きな貢献を果たした。現役引退後はRed Bull Air Race World Championship及びチャレンジャーカップのレースディレクター兼ヘッドジャッジ(審判団長)に転身し、依然としてこのスポーツの中枢であり続けている。英国・ヘレフォード出身のジョーンズはエアタクシー・パイロットとしてキャリアをスタートさせると、その後はエアロバティック英国選手権優勝をはじめ、エアロバティックで数々の優秀な成績を残した他、インストラクターやエグゼクティブ専用ジェット機パイロットとしても活躍してきた。現在のジョーンズはブリティッシュ・エアウェイズが運航するBoeing 747の副機長として活躍する傍ら、元Red Bull Air Raceワールドチャンピオンのポール・ボノムが率いるMatadors Aerobatic Teamのメンバーとしても活動し、数々の賞を受賞している。また、ジョーンズはヴィンテージ機体でのディスプレイフライトも行っている他、電力動作のレース用機体の開発プロジェクトにもディレクター兼テストパイロットとして関わっている。