【ラストレポート】 航空スポーツを世界中に広めたレッドブル・エアレース

数多のファンを産み、航空スポーツの興奮と感動を世界に届けた究極の三次元モータースポーツの歴史を振り返る

最新ニュース

千葉 2019:決勝レース日 マスタークラスパイロットリアクション

シーズンフィナーレを迎えたトップパイロットたちがコメントを発表した
続けて読む

千葉 2019:室屋が優勝 ワールドチャンピオンはホール

ラストレースはホームヒーローが制し、ラストタイトルはオーストラリア人パイロットが獲得した
続けて読む

千葉 2019:マスタークラス予選 パイロットリアクション

千葉 2019:マスタークラス予選はベラルデが首位

千葉 2019:チャレンジャーカップ予選はバーガーが首位

タクティシャンの仕事

Red Bull Air Raceが創設された2003年当時、タクティシャンという仕事はまだ存在していなかった。しかし、今では全チームでタクティシャンは極めて重要な役割を担っている。彼らはレースでいったいどのような作業をしているのだろうか?
続けて読む

フェアなレースと最新テクノロジー

モータースポーツにおいて公平性はレースを正しく運営するための重要な基礎だ。Red Bull Air Raceでも、全パイロットがルールを正しく遵守しているか常にジャッジが厳しい目を光らせている。
続けて読む

ABU DHABI RACE REPORT:室屋、まさかのオーバーG。その要因

どこに軸足を置くかで評価はガラリと変わる。室屋義秀にとっての2017年シーズン初戦は、そんなレースだったのではないだろうか。 レッドブルエアレース・ワールドチャンピオンシップ2017第1戦。「年間総合優勝」を目標に掲げ、新たなシーズンに臨んだ室屋だったが、開幕戦からラウンド・オブ・14でオーバーGを犯し、DNFという結果に終わ...
続けて読む

FEEL THE AIR@アブダビ:いつもと違うスタート

レースエアポートの建造

コックピットの進化

予選はポール・ボノムが首位

英国人パイロット、ポール・ボノムが実力を遺憾なく発揮し、57.178秒で予選首位にたった。一方、昨年の王者ナイジェル・ラムは最後まで苦しみ、失格となった。
続けて読む

2017シーズン ルックバック:アブダビ

Red Bull Air Race World Championship 2017シーズンは、アブダビ・コーニッシュに設置された海上レーストラックで幕を開け、ワールドチャンピオンを目指す14人のマスタークラスパイロットがスタートダッシュを狙った。 木曜日の初日は、フリープラクティス開始前に3本のトレーニングセッションが追加された。...
続けて読む

マイケル・グーリアン:2018シーズンを振り返る

2018シーズンのマイケル・グーリアンは、優勝2回を含む表彰台5回と予選首位通過2回を獲得し、Red Bull Air Raceキャリア最高の1年を送った。シーズンフィナーレとなった第8戦フォートワースまでワールドチャンピオン争いに絡みながら最後の最後でタイトルを逃してしまったことは受け容れがたいはずだが、シーズンを通じてのグーリア...
続けて読む

急成長を遂げたブラジョー&マーフィー

ミカ・ブラジョーとベン・マーフィーは、それぞれのマスタークラスルーキーシーズンで前例のない早さで成功を収めた。チャレンジャークラス出身の彼らは、すでにトップパイロットたちと互角の勝負を展開しており、2019シーズンは新たなライバル関係の誕生も予想される。
続けて読む

MATT HALL RACING:復活を支えたチームワーク

フォートワース:ソンカが優勝&ワールドチャンピオン!

フォートワース:予選はドルダラーが首位 室屋は7位

千葉 2019:決勝レース日 マスタークラスパイロットリアクション

シーズンフィナーレを迎えたトップパイロットたちがコメントを発表した
続けて読む

千葉 2019:室屋が優勝 ワールドチャンピオンはホール

ラストレースはホームヒーローが制し、ラストタイトルはオーストラリア人パイロットが獲得した
続けて読む

千葉 2019:マスタークラス予選 パイロットリアクション

千葉 2019:マスタークラス予選はベラルデが首位

千葉 2019:チャレンジャーカップ予選はバーガーが首位

レーストラック設営の難しさ

Red Bull Air Raceのエアゲートを設置する作業はレーストラックのフライトと同じくらいチャレンジングになることがある。最も難しいのが水上に設置する作業だ。
続けて読む

勝負の行方を左右するアナリスト

Red Bull Air Race World Championshipの戦いは厳しい。パイロットたちは決勝レース当日に表彰台のトップに立つために、どんなに小さなアドバンテージでも活かそうとする。コンマ数秒が勝負を分けるこのレースでは、ほんのわずかな調整でも無視できないため、パイロットたちがアナリストに頼る機会は年々増え続けている。...
続けて読む

ウイングレットの導入を考えるグーリアン

2015シーズンのグーリアンはレース専用に組み上げられた機体を導入しているが、それでもまだ改良の余地はあることを理解している。
続けて読む

シャークスキンとは?

ウイングレットは機体に加えられる変更の中で最も分かりやすいもので、誰もがひと目で確認できる。しかし、キャノピー、ボルテックスジェネレーター(機体のストールを抑える)、エルロンフェンス、エアインテーク、そして翼を覆うシャークスキンなど、機体にはちょっと見ただけでは分からない小さな変更も数多く加えられている。
続けて読む

コックピットの進化

2016シーズンはここまで3チームがGarmin G3Xを導入してコックピットを「グラスコックピット」へ一新している。
続けて読む

F1 vs. Red Bull Air Race

機体の分解・組立

失速を意味する「ストール」とは?

現在の順位

1.
1.

マット・ホール

 Australia AUS
ポイント 81 00
UAE 14
RUS 22
HUN 25
JPN 20
2.
2.

室屋
義秀

 Japan JPN
ポイント 80 00
UAE 28
RUS 25
HUN 2
JPN 25
3.
3.

マルティン・ソンカ

 Czechia CZE
ポイント 68 00
UAE 22
RUS 22
HUN 21
JPN 3
4.
4.

ベン・マーフィー

 United Kingdom GBR
ポイント 48 00
UAE 1
RUS 14
HUN 22
JPN 11

Red Bullショップ

思い出を形に
Red Bullショップ
Shop now
Charms Keyring

Charms Keyring

€6.95 (incl. VAT)
Shop now
Pilot Magnet

Pilot Magnet

€6.95 (incl. VAT)
Shop now
New Era Icon Camper Cap

New Era Icon Camper Cap

€17.95 (incl. VAT)

パイロットの必要条件
Red Bull Air Race

Red Bull Air Raceを戦うために必要なスキルを解説する

Gフォース
00g
フィットネス&レジリエンス: パイロットにはF1ドライバ
ーの10倍以上のGフォースがかかる
Plane gforce
ロールレート
000°/s
パワー&精度: レース機体は1秒で420
°ロールする。パイロットは0.02秒でレース機体の姿勢を修正
しながらパイロンを飛び抜ける必要がある
Plane roll rate
対地速度
000km/h
集中力&直感: 時速370kmで地上15mを
飛ぶためには、0.001秒以内に反応できる
超高速の反射神経が求められる
Plane ground speed