F1 vs. Red Bull Air Race

オーストリアの山々に囲まれたシュピールベルクはのどかな土地だが、その一角に位置するレッドブル・リンクはのどかとは言えない。週末になれば、このサーキットからは様々なエンジンの咆哮が聞こえるからだ。そして、4月23日・24日の週末はRed Bull Air Race World Championshipに参戦する機体のエンジン音が鳴り響き、今年後半にはF1も開催される。「飛行」と「走行」が異なること、そして「飛行機」と「自動車」が違うことも知っているが、実際はどのような違いがあるのだろうか? 今回は高速を誇るふたつのモータースポーツをインフォグラフィックで比較してみた。

インフォグラフィック解説:上から順に「最大G」・「最大エンジン回転数」・「最高速度」・「1周の距離」・「最小重量」となっている。

関連記事

天候との戦い:雨の影響

Red Bull Air Race World Championship 2016は世界8カ所で開催されるが、ひとつ確かなのは、パイロットたちは各地の様々な天候に対応しなければならないという点だ。予測不可能な天候と随時変化するレースコンディションはWorld Championshipを盛り上げている要因となっているが、パイロットたち...
続けて読む

千葉 2019:決勝レース日 マスタークラスパイロットリアクション

シーズンフィナーレを迎えたトップパイロットたちがコメントを発表した
続けて読む

千葉 2019:室屋が優勝 ワールドチャンピオンはホール

ラストレースはホームヒーローが制し、ラストタイトルはオーストラリア人パイロットが獲得した
続けて読む