フォートワース:ソンカが優勝&ワールドチャンピオン!

Red Bull Air Race World Championship 2018シーズン最終戦フォートワースの決勝レースが開催され、チェコ人パイロットのマルティン・ソンカが優勝し、同時に2018シーズンのワールドチャンピオンに輝いた。

テキサス・モーター・スピードウェイでの戦いを制すればワールドチャンピオンになれたソンカの決勝レース日はハードな戦いが続いた。

ソンカは、ラウンド・オブ・8で、総合首位でこのレースに臨んでいたマイケル・グーリアンと対戦し、その激戦を制して臨んだファイナル4も4番手でフライトしなければならなかった。

ファイナル4はカービー・チャンブリスが1番手でフライトし、54.064秒を記録。決勝レース日は天候が常に変わっていたため、このタイムが優勝ラインになるのかどうかは誰にも予想できなかった。

次にベン・マーフィーが2番手として登場し、全てのスプリットタイムでチャンブリスを上回ったが、フィニッシュゲート通過タイムはわずかにチャンブリスから遅れてしまった。

3番手はソンカと同じくワールドチャンピオンの可能性が残されていたマット・ホールだった。ホールは53.100秒という素晴らしいタイムを記録し、ソンカを残した段階で暫定首位に立った。

そして最後に登場したソンカは全力でフライト。52.796秒というパーフェクトタイムでホールを上回り、フォートワース優勝と同時にワールドチャンピオンを確定させた。

2018シーズンはソンカにとって素晴らしいシーズンとなった。ソンカはシーズン前半で2連続DQを喫したあと、4勝を重ねてワールドチャンピオンに輝いた。

2018シーズン第8戦フォートワース:マスタークラス予選最終結果

2018シーズン第8戦フォートワース:マスタークラス 最終結果

2018シーズン ワールドチャンピオンシップ最終順位

関連記事

2018シーズン第8戦フォートワース:ハイライト映像

レースを見直す

アブダビ2019:室屋が0.003秒差で優勝!

室屋義秀がマルティン・ソンカを僅差で下してスタートダッシュに成功した
続けて読む

アブダビ2019:予選は室屋が首位

日本のエースパイロットがパーフェクトフライトで3ポイントを獲得
続けて読む
関連パイロット
マスタークラス マスタークラス

マルティン・ソンカ

 Czechia CZE
現在の順位 順位
2
今シーズンの勝利数 レース勝利数
0
参戦シーズン数 シーズン
6
昨シーズンの順位 昨シーズンの順位
1
マスタークラス マスタークラス

マット・ホール

 Australia AUS
現在の順位 順位
5
今シーズンの勝利数 レース勝利数
0
参戦シーズン数 シーズン
7
昨シーズンの順位 昨シーズンの順位
2
マスタークラス マスタークラス

カービー・チャンブリス

 United States USA
現在の順位 順位
8
今シーズンの勝利数 レース勝利数
0
参戦シーズン数 シーズン
13
昨シーズンの順位 昨シーズンの順位
6
マスタークラス マスタークラス

ベン・マーフィー

 United Kingdom GBR
現在の順位 順位
13
今シーズンの勝利数 レース勝利数
0
参戦シーズン数 シーズン
1
昨シーズンの順位 昨シーズンの順位
7