千葉 2019:マスタークラス予選 パイロットリアクション

ラストレースの予選を終えたトップパイロット14人がコメントを発表した

Red Bull Air Race World Championship 2019シーズン最終戦千葉のマスタークラス予選が開催された。マスタークラスパイロット14人のコメントを紹介する。

 

 

マルティン・ソンカ

 

実に興味深いレーストラックだ。トレーニングと予選で風向きがほぼ90°変化したのでラインも変わった。予選の結果には大いに満足している。首位に立てなかったのは残念だが、全員がとても速かったことを考えれば良い結果だ。

 

 

マット・ホール

 

マルティン(ソンカ)がとても速いので、巻き返してチャンピオンを獲るのは難しくなりそうだ。予選は後半に向けてタイムが落ちたので、ヨシ(室屋)と自分がポイント圏外になったあとは、マルティンもポイントを逃すだろうと予想していた。マルティンの1本目終了時点ではその通りになるはずだったが、2本目のマルティンは素晴らしいタイムを記録した。レース機体や自分のライン、フライトスタイルを見直す必要がある。自分のフライトには満足している。あれ以上タイムを削れたとは思えない。大事なのは明日だ。

 

 

室屋義秀

 

風のせいでゲート2を抜けるのが難しかったですが、今日のコンディションの中ではベストを尽くせたと思います。ソンカからはさらに2ポイント離されてしまいましたが、明日はベストを尽くします。結果はそのあとです。

 

 

ベン・マーフィー

 

調子が今ひとつだった。今週は少しフラストレーションが溜まっている。リズムに乗れていない。チームは素晴らしい。結果が出せていない原因を探っているところだ。パイロンヒットについては言い訳の余地はない。2本目はペナルティなしのクリーンなフライトにする必要があった。良いタイムが出せなかったので、明日はローカルヒーローと対戦することになった。

 

 

マイケル・グーリアン

 

フライトは素晴らしかった。求めていたフライトができていたので、ゲート9後のトラックリミットラインオーバーのコールには驚いた。自分たちがこのミスを犯すとは考えてもいなかった。テレメトリーを確認してコールが正しかったかどうか確認したい。自分のフライトには満足している。明日このフライトを3回繰り返して優勝するつもりだ。

 

 

ニコラス・イワノフ

 

今日は上手くフライトできず、下位に沈んでしまった。どう飛べば良いのか分からなかった。言い訳はできない。自分の責任だ。明日はまた別の日なのでレース機体のフィーリングを掴みたい。今日ではなく明日について考える必要がある。

 

 

フアン・ベラルデ

 

ここまでの結果には大いに満足している。チームに予選首位をプレゼントすることができた。フリープラクティスを通じて集中を保てたのがポイントだったと思う。予選の1本目はそこまで良くなかったが、2本目は集中できていた。また、少し攻めたフライトをした。2つ目のバーチカルターンは特に攻めた。この姿勢がタイムに繋がったと思う。明日はコンディションを見て考えたい。今日から大きく変わる可能性がある。今日のようにすべてが上手く機能してクリーンでアグレッシブなフライトをすれば、良いレースができる自信がある。

 

 

ミカ・ブラジョー

 

今日のフライトはベストではなかった。コンディションに少し驚かされてしまった。準備ができていなかった。ゲート1からゲート2は上手くクリアできたが、シケインでレース機体に振り回されてしまった。シケイン以外は問題なかったので今日はリラックスして休み、明日のラウンド・オブ・14で他のパイロットたちにプレッシャーをかけたい。

 

 

ピート・マクロード

 

考えていた通りの予選にならなかった。1本目に小さなミスを犯してしまい、そこから一気に崩れてしまった。ほんの少しの小さなミスが大きなプレッシャーとなり、レース機体に振り回されるようになる。それを避けるためにSCOSafety Climb Out / 飛行中止)をコールしてリセットしようとしたが、残念なことに2本目でペナルティを受けてしまった。今日はしっかり休んで、良い気分で明日を迎えたい。やるべきことは分かっている。

 

 

カービー・チャンブリス

 

レース機体にいくつかの問題があった。モーターのパフォーマンスが落ちていた。この問題をカバーするためにベストを尽くしているが、ペナルティを受けてしまっては元も子もない。全力を尽くすしかない。あとは熱の問題もある。レース機体の中に熱が入ってきてかなり暑くなってしまうので、ベントを閉めることができない。

 

 

クリスチャン・ボルトン

 

良くない状況だ。タイムは悪く、1本目はDQだった。どうしてラインを越えてしまったのか分からない。自分の中では越えていなかったが、コールされてしまったので受け入れるしかない。明日は風を確認したい。風はコンディションを大きく変えるので、ラインを見直す必要が出てくる可能性がある。

 

 

フランソワ・ルボット

 

スタートゲート付近で追い風が吹いていたので、大きな変化が起きた。パイロン通過がスピードアップした。しかし、トレーニングと同じ戦術でフライトしていたので快適だった。自分の中では特に変わりはなかった。楽しくフライトできた。これが何よりも重要だ。良い準備ができていた。長い時間をかけてレーストラックを研究してきたので万全だった。しかし、フリープラクティス1から予選までタイムが向上していない。あと少しタイムを削る必要がある。

 

 

ペトル・コプシュタイン

今日はとても暑かったので、レース機体のパフォーマンスが落ちてしまった。燃料の比率を間違ってしまったのだろう。しかし、ペナルティなしのクリーンなフライトができた。もう少し良いタイムが出せると思っていた。明朝の天候とコンディションをチェックしてから戦術を決めたい。

 

 

マティアス・ドルダラー

 

Red Bull Air Race最後の予選の結果にはかなり満足している。もちろん、まだ修正できる部分はあるが、決勝レース日はリラックスして臨むつもりだ。自分のフライトを分析する必要があるが、いくつかの細かい修正が必要なことはすでに分かっている。首位からそこまで遅れていない。このあと明日の戦い方を決めるつもりだ。

 

 

Race
関連記事

千葉 2019:決勝レース日 マスタークラスパイロットリアクション

シーズンフィナーレを迎えたトップパイロットたちがコメントを発表した
続けて読む

千葉 2019:室屋が優勝 ワールドチャンピオンはホール

ラストレースはホームヒーローが制し、ラストタイトルはオーストラリア人パイロットが獲得した
続けて読む
関連パイロット
マスタークラス マスタークラス

フアン・ベラルデ

 Spain ESP
現在の順位 順位
-
今シーズンの勝利数 レース勝利数
-
参戦シーズン数 シーズン
-
昨シーズンの順位 昨シーズンの順位
-
マスタークラス マスタークラス

マルティン・ソンカ

 Czechia CZE
現在の順位 順位
-
今シーズンの勝利数 レース勝利数
-
参戦シーズン数 シーズン
-
昨シーズンの順位 昨シーズンの順位
-
マスタークラス マスタークラス

フランソワ・ルボット

 France FRA
現在の順位 順位
-
今シーズンの勝利数 レース勝利数
-
参戦シーズン数 シーズン
-
昨シーズンの順位 昨シーズンの順位
-
マスタークラス マスタークラス

マティアス・ドルダラー

 Germany GER
現在の順位 順位
-
今シーズンの勝利数 レース勝利数
-
参戦シーズン数 シーズン
-
昨シーズンの順位 昨シーズンの順位
-