勝負の行方を左右するアナリスト

Red Bull Air Race World Championshipの戦いは厳しい。パイロットたちは決勝レース当日に表彰台のトップに立つために、どんなに小さなアドバンテージでも活かそうとする。コンマ数秒が勝負を分けるこのレースでは、ほんのわずかな調整でも無視できないため、パイロットたちがアナリストに頼る機会は年々増え続けている。

近年はフライトが終わるたびにコンピュータと共にアナリストの横に座り、次のフライトを更に良くするために何ができるのかを事細かく確認するパイロットたちの姿が数多く見られる。

アナリストをチームに加えた最初のパイロットのひとりがナイジェル・ラムだった。大学で工学を学んだ息子マックスをチームに加えたことで、ラムは2014年のワールドチャンピオンに輝いた。

アナリストは多忙を極める。レース前の段階からチームの中で最も忙しい人物になるマックスには、まずパイロットと同じタイミングでレーストラックのレイアウトが渡される。「私はフェラーリのF1チームでテクニカルディレクターを務めているジェームズ・アリソンが開発したプログラムを使っているんですが、このプログラムは基本的にはソルバです。レイアウトを受け取ったあとで、各ゲートの座標と特徴、つまり、シケインのゲートなのか、通常のゲートなのか、バーチカルターンのゲートなのかを入力して、最速のラインをはじき出します」

この作業はかなり骨が折れる。マックスが説明する。「最初のデータを出すまではかなり時間がかかります。レーストラックを正確に分析するには丸2日かかりますね。それから更にもう1日を費やして、実際に父が活用できるようなデータを完成させます」

このプログラムはGフォースとスピードのトレースも行うので、ナイジェル・ラムが一番効率良くフライトできるラインを見つける助けになる。実際にナイジェルがレーストラックでのフライトをスタートさせると、マックスがその数値を入力して、データの精度を高めていくのだ。「レースウィークに入る前は、レーストラックに対して飛ぶ前から良いイメージを持てるようなデータを父に提出することを目指しています。トレーニングで飛びながらレーストラックに慣れていくのではなく、トレーニングが始まる前から理想のラインをイメージしてもらうのです。そして、トレーニングの1本目のフライトのあとに、EFIS(Electronic Flight Information System)からデータを抜き出して、比較と分析を行います」

マックスは、フライトに最適なデータがナイジェルの手元に常に渡るように分析を行っている。「過去の天候データをチェックして平均値を出していきますが、レースが近づくにつれ、気温、風速、気圧などの最新データも入力していきます。これらは非常に重要なデータです。ですが、天候が大幅に変わらない限り、ラインはそこまで大きく変わりませんよ」とマックスは説明するが、当然、急激な天候変化には備えていなければならない。「昨シーズンのブダペストはあそこまで気温が上がることを予想していなかったので、数日徹夜してデータを修正しました」

レースウィークに入ったあとのマックスは、データを随時修正しながら、ナイジェルとブリーフィングを行っていく。「1日に2本のフライトをするトレーニングでは、まず1本目が終わったあとでブリーフィングを行い、父が取り組むべき部分を説明します。そして2本目が終わったあともブリーフィングを行って、父がその日の残りを使って色々と考えられるようにしています。私は夜中の1時~2時くらいまで分析を行いますね。父にはレースに備えてその日はしっかり休んでもらいたいので、修正データを渡すのは翌朝になります」

マックスが用意するデータはレースごとに異なる。「数行のメモと大量の画像の時があれば、長文の時もあります。チームで話した内容や、改善すべきポイントによって提出するデータは異なりますね」

パイロットではないマックスは、それゆえに冷静沈着にデータを分析できているが、父親の視点に立てない歯がゆさもあるようだ。マックスは最後に次のようにコメントしている。「たとえば、父に対して『機体が0.3秒分余分にロールしている』と指摘する時がありますが、私にはそんな一瞬の判断はできません。しかも、彼らは最大10Gがかかる中、時速370km/hでフライトしているんですよね」

関連記事

フェアなレースと最新テクノロジー

モータースポーツにおいて公平性はレースを正しく運営するための重要な基礎だ。Red Bull Air Raceでも、全パイロットがルールを正しく遵守しているか常にジャッジが厳しい目を光らせている。
続けて読む

レーストラック設営の難しさ

Red Bull Air Raceのエアゲートを設置する作業はレーストラックのフライトと同じくらいチャレンジングになることがある。最も難しいのが水上に設置する作業だ。
続けて読む
関連パイロット
レジェンド レジェンド

ナイジェル・ラム

2005-2016
 United Kingdom GBR
World championship Championship
-
参戦シーズン数 シーズン
0