パイロット紹介:室屋義秀

室屋義秀は2009シーズンにRed Bull Air Raceへの初参戦を果たした。その後、元レースパイロットで現在レースディレクターを務めるSteve Jonesの教えを受けて戦術をリファインすると、2014シーズンは安定したパフォーマンスを披露。同シーズンを総合9位で終えた室屋は、多くのベテランパイロットが苦しんだ高難易度のクロアチア・ロヴィニでは初の表彰台となる3位を記録。いくつかのパイロンヒットも見られたが、全体的なパフォーマンスは安定傾向にある。2015シーズンは日本・千葉市での初開催が決定しており、日本人のファンが室屋を全力で応援することになるだろう。

 

関連記事

【ラストレポート】 航空スポーツを世界中に広めたレッドブル・エアレース

数多のファンを産み、航空スポーツの興奮と感動を世界に届けた究極の三次元モータースポーツの歴史を振り返る
続けて読む

千葉RACE REPORT:笑顔で締めくくったラストレース

ライバルとの勝負にベストを尽くし、ファンを魅了したヒーロー
続けて読む

千葉 2019:決勝レース日 マスタークラスパイロットリアクション

シーズンフィナーレを迎えたトップパイロットたちがコメントを発表した
続けて読む
関連パイロット
マスタークラス マスタークラス

室屋
義秀

 Japan JPN
現在の順位 順位
2
今シーズンの勝利数 レース勝利数
3
参戦シーズン数 シーズン
7
昨シーズンの順位 昨シーズンの順位
5