パイロット紹介:室屋義秀

室屋義秀は2009シーズンにRed Bull Air Raceへの初参戦を果たした。その後、元レースパイロットで現在レースディレクターを務めるSteve Jonesの教えを受けて戦術をリファインすると、2014シーズンは安定したパフォーマンスを披露。同シーズンを総合9位で終えた室屋は、多くのベテランパイロットが苦しんだ高難易度のクロアチア・ロヴィニでは初の表彰台となる3位を記録。いくつかのパイロンヒットも見られたが、全体的なパフォーマンスは安定傾向にある。2015シーズンは日本・千葉市での初開催が決定しており、日本人のファンが室屋を全力で応援することになるだろう。

 

関連記事

バラトン湖RACE REPORT:気まぐれな風が変えた勝負の流れ

ラウンド・オブ・14での敗退。あの瞬間室屋に何が起きたのか
続けて読む

バラトン湖 2019:ホールが優勝 室屋は12位

ハンガリーの湖上の戦いはオーストラリア人パイロットが制した
続けて読む

バラトン湖 予選レポート:予想外の事態でポイントを逃す

納得のフライトでレースを終えるも、まさかの展開に!?
続けて読む
関連パイロット
マスタークラス マスタークラス

室屋
義秀

 Japan JPN
現在の順位 順位
3
今シーズンの勝利数 レース勝利数
2
参戦シーズン数 シーズン
7
昨シーズンの順位 昨シーズンの順位
5