パイロット紹介: ハンネス・アルヒ

Hannes ArchはRed Bull Air Raceのキャリアを通じて最も安定した結果を出し続けてきたパイロットのひとりだが、2014シーズンは起伏の激しいシーズンとなった。

Archは1年目からRed Bull Air Race World Championshipに驚きをもたらし、2年目には2位に9ポイント差をつけて総合優勝を果たした。 その後、毎シーズン優勝候補として活躍してきた彼は、2014年も総合優勝まであと一歩のところまで来たが、最終戦のわずかなミスが命取りとなり、Nigel Lambに王座を譲ってしまった。 冬期を休養と準備に充てたArchは、私たちの目の前にトップフォームで現れるはずだ。

関連記事

バラトン湖RACE REPORT:気まぐれな風が変えた勝負の流れ

ラウンド・オブ・14での敗退。あの瞬間室屋に何が起きたのか
続けて読む

バラトン湖 2019:ホールが優勝 室屋は12位

ハンガリーの湖上の戦いはオーストラリア人パイロットが制した
続けて読む

バラトン湖 予選レポート:予想外の事態でポイントを逃す

納得のフライトでレースを終えるも、まさかの展開に!?
続けて読む
関連パイロット
レジェンド レジェンド

ハンネス・アルヒ

2007-2016
 Austria AUT
World championship Championship
-
参戦シーズン数 シーズン
0