検索結果を絞り込む
すべて

2019シーズン第4戦開催地がブダペストからバラトン湖に変更

続けて読む

アブダビRACE REPORT:強い室屋が戻ってきた

続けて読む

アブダビ2019:室屋が0.003秒差で優勝!

室屋義秀がマルティン・ソンカを僅差で下してスタートダッシュに成功した
続けて読む

アブダビ2019予選レポート:作戦通りのフライトで3ポイントを勝ち取る

続けて読む

アブダビ2019:予選は室屋が首位

日本のエースパイロットがパーフェクトフライトで3ポイントを獲得
続けて読む

2019シーズン:ルール&チーム変更詳細

新シーズンに向けたルール変更と各チームの新メンバーを紹介する
続けて読む

マイケル・グーリアン:2018シーズンを振り返る

2018シーズンのマイケル・グーリアンは、優勝2回を含む表彰台5回と予選首位通過2回を獲得し、Red Bull Air Raceキャリア最高の1年を送った。シーズンフィナーレとなった第8戦フォートワースまでワールドチャンピオン争いに絡みながら最後の最後でタイトルを逃してしまったことは受け容れがたいはずだが、シーズンを通じてのグーリア...
続けて読む

急成長を遂げたブラジョー&マーフィー

ミカ・ブラジョーとベン・マーフィーは、それぞれのマスタークラスルーキーシーズンで前例のない早さで成功を収めた。チャレンジャークラス出身の彼らは、すでにトップパイロットたちと互角の勝負を展開しており、2019シーズンは新たなライバル関係の誕生も予想される。
続けて読む

MATT HALL RACING:復活を支えたチームワーク

2018シーズンのRed Bull Air Race World Championshipで総合2位を獲得したマット・ホールが総合3位以内でシーズンを終えるのは、これで4度目となった。また、この成績は、不慣れなEdge 540 V3への機体変更をはじめとする数々のチャレンジを強いられた2017シーズンを経てMatt Hall Rac...
続けて読む

ハンガーレポート #8:Team Velarde

2011年から3年間の休止期間を経て、2014年に新たなスタートを切ったレッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ。2014年のリスタートにあたり、競技レベルの向上を目的として新設されたのが、現在も10名のパイロットが名を連ねるチャレンジャークラスである。
続けて読む

2018シーズン第8戦フォートワース:ハイライト映像

レースを見直す

第8戦フォートワース RACE REPORT:来季への手応えを感じた納得のフライト

レースを終え、ハンガーのバックヤードから姿を現した室屋義秀は笑顔だった。それも、ラウンド・オブ・8敗退という結果とはまるで釣り合わないほどの、すがすがしい笑顔である。 「満足感のあるレースができましたね。感覚的にも、今日(のラウンド・オブ・8)はベストフライトに近いんじゃないかな」 そう言うと、室屋は充実の50数秒間をか...
続けて読む

フォートワース:ソンカが優勝&ワールドチャンピオン!

Red Bull Air Race World Championship 2018シーズン最終戦フォートワースの決勝レースが開催され、チェコ人パイロットのマルティン・ソンカが優勝し、同時に2018シーズンのワールドチャンピオンに輝いた。
続けて読む

フォートワース:決勝レース後 パイロットリアクション

3大陸・7カ国・8レースを経てワールドチャンピオンが決定した。Red Bull Air Race World Championship 2018シーズンは記憶に残るシーズンになった。全ての戦いを終えたマスタークラスパイロット14名のコメントを紹介する。
続けて読む
ニュース

2019シーズン第4戦開催地がブダペストからバラトン湖に変更

続けて読む

アブダビRACE REPORT:強い室屋が戻ってきた

続けて読む

アブダビ2019:室屋が0.003秒差で優勝!

室屋義秀がマルティン・ソンカを僅差で下してスタートダッシュに成功した
続けて読む

アブダビ2019予選レポート:作戦通りのフライトで3ポイントを勝ち取る

続けて読む

アブダビ2019:予選は室屋が首位

日本のエースパイロットがパーフェクトフライトで3ポイントを獲得
続けて読む

2019シーズン:ルール&チーム変更詳細

新シーズンに向けたルール変更と各チームの新メンバーを紹介する
続けて読む

マイケル・グーリアン:2018シーズンを振り返る

2018シーズンのマイケル・グーリアンは、優勝2回を含む表彰台5回と予選首位通過2回を獲得し、Red Bull Air Raceキャリア最高の1年を送った。シーズンフィナーレとなった第8戦フォートワースまでワールドチャンピオン争いに絡みながら最後の最後でタイトルを逃してしまったことは受け容れがたいはずだが、シーズンを通じてのグーリア...
続けて読む

急成長を遂げたブラジョー&マーフィー

ミカ・ブラジョーとベン・マーフィーは、それぞれのマスタークラスルーキーシーズンで前例のない早さで成功を収めた。チャレンジャークラス出身の彼らは、すでにトップパイロットたちと互角の勝負を展開しており、2019シーズンは新たなライバル関係の誕生も予想される。
続けて読む

MATT HALL RACING:復活を支えたチームワーク

2018シーズンのRed Bull Air Race World Championshipで総合2位を獲得したマット・ホールが総合3位以内でシーズンを終えるのは、これで4度目となった。また、この成績は、不慣れなEdge 540 V3への機体変更をはじめとする数々のチャレンジを強いられた2017シーズンを経てMatt Hall Rac...
続けて読む

ハンガーレポート #8:Team Velarde

2011年から3年間の休止期間を経て、2014年に新たなスタートを切ったレッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ。2014年のリスタートにあたり、競技レベルの向上を目的として新設されたのが、現在も10名のパイロットが名を連ねるチャレンジャークラスである。
続けて読む

第8戦フォートワース RACE REPORT:来季への手応えを感じた納得のフライト

レースを終え、ハンガーのバックヤードから姿を現した室屋義秀は笑顔だった。それも、ラウンド・オブ・8敗退という結果とはまるで釣り合わないほどの、すがすがしい笑顔である。 「満足感のあるレースができましたね。感覚的にも、今日(のラウンド・オブ・8)はベストフライトに近いんじゃないかな」 そう言うと、室屋は充実の50数秒間をか...
続けて読む

フォートワース:決勝レース後 パイロットリアクション

3大陸・7カ国・8レースを経てワールドチャンピオンが決定した。Red Bull Air Race World Championship 2018シーズンは記憶に残るシーズンになった。全ての戦いを終えたマスタークラスパイロット14名のコメントを紹介する。
続けて読む

フォートワース:ソンカが優勝&ワールドチャンピオン!

Red Bull Air Race World Championship 2018シーズン最終戦フォートワースの決勝レースが開催され、チェコ人パイロットのマルティン・ソンカが優勝し、同時に2018シーズンのワールドチャンピオンに輝いた。
続けて読む

フォートワース 予選レポート:タイムを縮められる余地あり 最後まで勝ちに行く 

率直に言って、予選前に行われるフリープラクティスは不安を感じさせるものだった。 レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップではレース前の公式練習として、予選前日に2回、予選当日に1回、フリープラクティスが行われ、パイロットたちは実際のレーストラックを飛ぶことができる。 それはパイロットにとって、その名の通り、あく...
続けて読む
ビデオ

2018シーズン第8戦フォートワース:ハイライト映像

レースを見直す

2018シーズン第7戦インディアナポリス:ハイライト映像

レースを見直す

2018シーズン第6戦ウィーナー・ノイシュタット:ハイライト映像

レースを見直す

2018シーズン開幕戦アブダビ:ハイライト映像

レースを見直す

2017シーズン第2戦サンディエゴ:ハイライト映像

レースを見直す

2017シーズン開幕戦アブダビ:ハイライト映像

レースを見直す
レースを見直す

若い世代のパイロットを対象にしたChallenger Cupが開催へ

レースを見直す