検索結果を絞り込む
すべて

タクティシャンの仕事

Red Bull Air Raceが創設された2003年当時、タクティシャンという仕事はまだ存在していなかった。しかし、今では全チームでタクティシャンは極めて重要な役割を担っている。彼らはレースでいったいどのような作業をしているのだろうか?
続けて読む

フェアなレースと最新テクノロジー

モータースポーツにおいて公平性はレースを正しく運営するための重要な基礎だ。Red Bull Air Raceでも、全パイロットがルールを正しく遵守しているか常にジャッジが厳しい目を光らせている。
続けて読む

レースエアポートの建造

Red Bull Air Race World Championshipが開催される各会場ではレースエアポートが建造される。限られた時間の中でレースエアポートを建造するためには強いフィジカルと高い柔軟性を持つチームが必要となるが、天候が崩れた場合、彼らには強いメンタルも求められる。
続けて読む

コックピットの進化

2016シーズンはここまで3チームがGarmin G3Xを導入してコックピットを「グラスコックピット」へ一新している。
続けて読む

機体の分解・組立

Red Bull Air Raceではパイロットと機体の真価が問われる。パイロットにとっては集中力、精度、戦略、ベストパフォーマンスがすべてであり、テクニシャンにとっては、機体をベストの状態に仕上げることがすべてとなる。
続けて読む

水中の秘密メカ

Red Bull Air Raceが水上で開催される場合、水面にはパイロン用の土台が10基設置される。それらすべてをしっかりと固定するために最大重量1000kgの碇が使用されるのだが、パイロンに空気が注入されると、碇とそれを繋ぐ最大重量1.5tの鎖に影響が生じるようになる。
続けて読む

総力を挙げたトラック建設が夜明けと共にスタート

午前4時、千葉市に朝日が昇ると共に、レーストラック建設チームによる作業が開始された。今週末に迫った世界最速を誇るモータースポーツの空中トラック建設のために、文字通り総力を挙げて台船が組み上げられている。
続けて読む

冷静に上を目指すマクロード

Red Bull Air Race World Championshipの戦いは今まで以上に厳しいものになってきているが、ピート・マクロードはレースでの戦い方を知っており、常に100%の力を出している。アブダビの3位という結果はその証拠だ。しかし、本人はシーズンを戦うためにはその勝利に酔っている時間はないことも理解している。 ...
続けて読む

機体の軽量化

モータースポーツにおける軽量化とエアロダイナミクスの向上はもはや芸術の領域であり、それはRed Bull Air Raceでも同じだ。0.5グラムの軽量化やエアロダイナミクスの効率化は本当に難しい。
続けて読む

マスタークラス初挑戦のルボット

Red Bull World Championshipのチャレンジャーカップのパイロットたちは自分のスキルを磨くことに集中し、自身の才能を伸ばしていかなければならないが、マスタークラスはそれよりも多くのことに取り組んでいかなければならない
続けて読む

翼を支える – パイロットの安全を担う

Red Bull Air Raceディレクターを務める航空医学評価官Thomas Drekonja氏が、高温多湿がパイロットに与える影響について説明した。プトラジャヤでは気温35度前後、湿度70%以上になるなど、Red Bull Air Raceのパイロットは過酷な条件下でのフライトが強いられる。
続けて読む

ポール・ボノム 2015年は更なる高みを目指す

2014シーズンは自分、そしてチームにとって納得のいくシーズンではなかったとボノム本人も認める苦しいシーズンになった。開幕戦アブダビで優勝、続くロヴィニで2位とスタートこそ順調だったものの、それ以降はアスコットでの優勝以外望んでいた結果を出せなかった。
続けて読む
ニュース

タクティシャンの仕事

Red Bull Air Raceが創設された2003年当時、タクティシャンという仕事はまだ存在していなかった。しかし、今では全チームでタクティシャンは極めて重要な役割を担っている。彼らはレースでいったいどのような作業をしているのだろうか?
続けて読む

フェアなレースと最新テクノロジー

モータースポーツにおいて公平性はレースを正しく運営するための重要な基礎だ。Red Bull Air Raceでも、全パイロットがルールを正しく遵守しているか常にジャッジが厳しい目を光らせている。
続けて読む

レースエアポートの建造

Red Bull Air Race World Championshipが開催される各会場ではレースエアポートが建造される。限られた時間の中でレースエアポートを建造するためには強いフィジカルと高い柔軟性を持つチームが必要となるが、天候が崩れた場合、彼らには強いメンタルも求められる。
続けて読む

コックピットの進化

2016シーズンはここまで3チームがGarmin G3Xを導入してコックピットを「グラスコックピット」へ一新している。
続けて読む

機体の分解・組立

Red Bull Air Raceではパイロットと機体の真価が問われる。パイロットにとっては集中力、精度、戦略、ベストパフォーマンスがすべてであり、テクニシャンにとっては、機体をベストの状態に仕上げることがすべてとなる。
続けて読む

水中の秘密メカ

Red Bull Air Raceが水上で開催される場合、水面にはパイロン用の土台が10基設置される。それらすべてをしっかりと固定するために最大重量1000kgの碇が使用されるのだが、パイロンに空気が注入されると、碇とそれを繋ぐ最大重量1.5tの鎖に影響が生じるようになる。
続けて読む

総力を挙げたトラック建設が夜明けと共にスタート

午前4時、千葉市に朝日が昇ると共に、レーストラック建設チームによる作業が開始された。今週末に迫った世界最速を誇るモータースポーツの空中トラック建設のために、文字通り総力を挙げて台船が組み上げられている。
続けて読む

冷静に上を目指すマクロード

Red Bull Air Race World Championshipの戦いは今まで以上に厳しいものになってきているが、ピート・マクロードはレースでの戦い方を知っており、常に100%の力を出している。アブダビの3位という結果はその証拠だ。しかし、本人はシーズンを戦うためにはその勝利に酔っている時間はないことも理解している。 ...
続けて読む

機体の軽量化

モータースポーツにおける軽量化とエアロダイナミクスの向上はもはや芸術の領域であり、それはRed Bull Air Raceでも同じだ。0.5グラムの軽量化やエアロダイナミクスの効率化は本当に難しい。
続けて読む

マスタークラス初挑戦のルボット

Red Bull World Championshipのチャレンジャーカップのパイロットたちは自分のスキルを磨くことに集中し、自身の才能を伸ばしていかなければならないが、マスタークラスはそれよりも多くのことに取り組んでいかなければならない
続けて読む

翼を支える – パイロットの安全を担う

Red Bull Air Raceディレクターを務める航空医学評価官Thomas Drekonja氏が、高温多湿がパイロットに与える影響について説明した。プトラジャヤでは気温35度前後、湿度70%以上になるなど、Red Bull Air Raceのパイロットは過酷な条件下でのフライトが強いられる。
続けて読む

ポール・ボノム 2015年は更なる高みを目指す

2014シーズンは自分、そしてチームにとって納得のいくシーズンではなかったとボノム本人も認める苦しいシーズンになった。開幕戦アブダビで優勝、続くロヴィニで2位とスタートこそ順調だったものの、それ以降はアスコットでの優勝以外望んでいた結果を出せなかった。
続けて読む
ギャラリー
ビデオ
レースを見直す