検索結果を絞り込む
すべて

シャークスキンとは?

ウイングレットは機体に加えられる変更の中で最も分かりやすいもので、誰もがひと目で確認できる。しかし、キャノピー、ボルテックスジェネレーター(機体のストールを抑える)、エルロンフェンス、エアインテーク、そして翼を覆うシャークスキンなど、機体にはちょっと見ただけでは分からない小さな変更も数多く加えられている。
続けて読む

コックピットの進化

2016シーズンはここまで3チームがGarmin G3Xを導入してコックピットを「グラスコックピット」へ一新している。
続けて読む

F1 vs. Red Bull Air Race

オーストリアの山々に囲まれたシュピールベルクはのどかな土地だが、その一角に位置するレッドブル・リンクはのどかとは言えない。週末になれば、このサーキットからは様々なエンジンの咆哮が聞こえるからだ。そして、4月23日・24日の週末はRed Bull Air Race World Championshipに参戦する機体のエンジン音が鳴り響...
続けて読む

機体の分解・組立

Red Bull Air Raceではパイロットと機体の真価が問われる。パイロットにとっては集中力、精度、戦略、ベストパフォーマンスがすべてであり、テクニシャンにとっては、機体をベストの状態に仕上げることがすべてとなる。
続けて読む

勝負の行方を左右するアナリスト

Red Bull Air Race World Championshipの戦いは厳しい。パイロットたちは決勝レース当日に表彰台のトップに立つために、どんなに小さなアドバンテージでも活かそうとする。コンマ数秒が勝負を分けるこのレースでは、ほんのわずかな調整でも無視できないため、パイロットたちがアナリストに頼る機会は年々増え続けている。...
続けて読む

機体の軽量化

モータースポーツにおける軽量化とエアロダイナミクスの向上はもはや芸術の領域であり、それはRed Bull Air Raceでも同じだ。0.5グラムの軽量化やエアロダイナミクスの効率化は本当に難しい。
続けて読む

天候への対応

モータースポーツの世界には様々な変動要素がある。その多くはパイロットやチームメンバーが自分たちで制御・修正できるものだが、天候だけは自力では解決できない。
続けて読む

Lycoming製エンジン: エアレースを支えるパワーの源

2014シーズンでは、12のチームが同型のエンジンを搭載することが義務づけられたため、エンジン性能よりも、戦術やパイロットのスキル、空気力学への比重が大きくなった。こうしてエンジンパワーが均一化されたRed Bull Air Raceの戦いには、完全に新しい次元が加わることになった。
続けて読む

翼を支える – パイロットの安全を担う

Red Bull Air Raceディレクターを務める航空医学評価官Thomas Drekonja氏が、高温多湿がパイロットに与える影響について説明した。プトラジャヤでは気温35度前後、湿度70%以上になるなど、Red Bull Air Raceのパイロットは過酷な条件下でのフライトが強いられる。
続けて読む
ニュース

シャークスキンとは?

ウイングレットは機体に加えられる変更の中で最も分かりやすいもので、誰もがひと目で確認できる。しかし、キャノピー、ボルテックスジェネレーター(機体のストールを抑える)、エルロンフェンス、エアインテーク、そして翼を覆うシャークスキンなど、機体にはちょっと見ただけでは分からない小さな変更も数多く加えられている。
続けて読む

コックピットの進化

2016シーズンはここまで3チームがGarmin G3Xを導入してコックピットを「グラスコックピット」へ一新している。
続けて読む

F1 vs. Red Bull Air Race

オーストリアの山々に囲まれたシュピールベルクはのどかな土地だが、その一角に位置するレッドブル・リンクはのどかとは言えない。週末になれば、このサーキットからは様々なエンジンの咆哮が聞こえるからだ。そして、4月23日・24日の週末はRed Bull Air Race World Championshipに参戦する機体のエンジン音が鳴り響...
続けて読む

機体の分解・組立

Red Bull Air Raceではパイロットと機体の真価が問われる。パイロットにとっては集中力、精度、戦略、ベストパフォーマンスがすべてであり、テクニシャンにとっては、機体をベストの状態に仕上げることがすべてとなる。
続けて読む

勝負の行方を左右するアナリスト

Red Bull Air Race World Championshipの戦いは厳しい。パイロットたちは決勝レース当日に表彰台のトップに立つために、どんなに小さなアドバンテージでも活かそうとする。コンマ数秒が勝負を分けるこのレースでは、ほんのわずかな調整でも無視できないため、パイロットたちがアナリストに頼る機会は年々増え続けている。...
続けて読む

パイロットのGフォース対策

トレーニングを積んでベストな存在になろうとするならば、自分の弱さがどこにあるのかを見極め、そこを鍛えていかなければならない。そして、ライバルたちに引けを取らない競争力を得るために、Red Bull Air Race World Championshipのパイロットたちもフィジカルとメンタルの両面を鍛える必要があるが、彼らにとって一番...
続けて読む

天候への対応

モータースポーツの世界には様々な変動要素がある。その多くはパイロットやチームメンバーが自分たちで制御・修正できるものだが、天候だけは自力では解決できない。
続けて読む

Lycoming製エンジン: エアレースを支えるパワーの源

2014シーズンでは、12のチームが同型のエンジンを搭載することが義務づけられたため、エンジン性能よりも、戦術やパイロットのスキル、空気力学への比重が大きくなった。こうしてエンジンパワーが均一化されたRed Bull Air Raceの戦いには、完全に新しい次元が加わることになった。
続けて読む

翼を支える – パイロットの安全を担う

Red Bull Air Raceディレクターを務める航空医学評価官Thomas Drekonja氏が、高温多湿がパイロットに与える影響について説明した。プトラジャヤでは気温35度前後、湿度70%以上になるなど、Red Bull Air Raceのパイロットは過酷な条件下でのフライトが強いられる。
続けて読む
ギャラリー
ビデオ
レースを見直す