マスタークラス マスタークラス

ペトル・コプシュタイン

 Czechia
Thumbnail
現在の順位 順位
10
今シーズンの勝利数 レース勝利数
0
参戦シーズン数 シーズン
3
昨シーズンの順位 昨シーズンの順位
13

国内外の大会でその腕を磨いてきたチェコ人パイロット。2014シーズンはチャンレンジャーカップ初代チャンピオンに輝き、2016シーズンからマスタークラスのパイロットに加わった。マスタークラスで2シーズン目を迎えた2017シーズン、第2戦以降コンスタントにポイントを獲得(第3戦千葉では2位)。昨年の総合14位から今年は総合5位へと大躍進を遂げた。

幼い頃から空を飛ぶことを夢見ていたペトル・コプシュタインは、大学時代からパイロットを目指し始めると、すぐに大きなGフォースがかかる高速飛行に目覚めていった。「僕は最初からエアロバティックスに取り組んでいましたが、当時からこれが人生でやりたかったことだと感じていました」

その後、プラハ大学で経済学の修士号を取得したコプシュタインは、継続してパイロットとしてのスキルを磨いていき、2007年にチェコ代表エアロバティックスチームに参加すると、チェコのトップパイロットのひとりとして知られるようになった。アンリミテッドクラスとその他3カテゴリーで国内選手権優勝を果たした他、ドイツ選手権とハンガリー選手権でもアンリミテッドクラスで表彰台を獲得。スノーボードやスキューバダイビングなど、スポーツ全般を好むコプシュタインだが、何よりも空を飛ぶことが好きだと語り、これまでにヘリコプターを含む30機以上に搭乗してきた。総飛行時間は1000時間を超えている。

チャレンジャーカップはコプシュタインにとって新しいタイプのフライトになったが、本人はすぐに順応し、開幕戦の4位から徐々に調子を上げて2014シーズンのチャンピオンに輝くと、続く2015シーズンも更に2勝を上乗せした他、2位も2度記録した。その後、最終トレーニングを見事な成績で終えたコプシュタインは、制限解除のスーパーライセンスを取得。2016シーズンからRed Bull Air Race World Championshipのマスタークラスで飛行することとなった。

新シーズンに向けて「2017シーズンは満足できる1年だったが、2018シーズンはトップ争いに加わりたい」と意気込んでいる。

関連記事

ブダペスト:予選はソンカが首位 室屋は2位

Red Bull Air Race World Championship 2018シーズン第4戦ブダペストの予選が開催され、マルティン・ソンカがトラックレコードで首位通過を決めた。会場のドナウ川両岸には、ソンカとペトル・コプシュタインを応援する多くのチェコ人ファンを含む45,000人の大観衆が集まった。
続けて読む

インディアナポリス:予選はホールが首位

Red Bull Air Race World Championship 2017シーズン最終戦インディアナポリスの予選が開催され、オーストラリア人パイロットのマット・ホールが首位通過を果たした。1本目で1分04秒149を記録したホールは、前日のフリープラクティスに続いてタイムシートのトップに立った。
続けて読む

ラウジッツ:予選はホールが首位

Red Bull Air Race World Championship 2017シーズン第7戦ラウジッツの予選が行われ、オーストラリア人パイロットのマット・ホールが大接戦を制して首位通過を決めた。この日が誕生日だったホールは予選1本目で50.623秒を出すと、2本目で50.227秒を記録。素晴らしい形で誕生日を祝うと同時に、ラウジ...
続けて読む