マスタークラス マスタークラス

クリスチャン・ボルトン

 Chile
Bolton paint scheme 2019
現在の順位 順位
14
今シーズンの勝利数 レース勝利数
0
参戦シーズン数 シーズン
2
昨シーズンの順位 昨シーズンの順位
14

クリスチャン・ボルトン

クリスチャン・ボルトンはチリ空軍少佐/戦隊長であり、チリ空軍パイロット9人が所属し、30年以上の歴史を誇るエアロバティックチームEscuadrilla de Alta Acrobacia Halconesのリーダーでもある。Halcones(スペイン語でハヤブサの意)はこれまでに南米・北米・英国・フランス・イスラエル・ペルー・ボリビアなどでパフォーマンスを披露している。

エンジニアリング、軍用航空学、人材開発の学位を持っているボルトンは、1992年にチリ空軍アカデミーでパイロットとしてのキャリアをスタートさせ、1995年からは戦術戦闘機パイロットとして軍に貢献した。戦闘機パイロット兼教官として活動している彼は、数多くの機体の操縦経験を誇る。

また、総飛行時間は3000時間を越えており、その中の1000時間以上はエアロバティックパイロットとして7年間搭乗したExtra 300Lによるものだ。

なかなか結果を出せずに終わったマスタークラスのデビューシーズンだったが、「オフシーズンを使って成長し、2018シーズンはより戦えるチームになることを目指すつもりだ。これはすでに決まっている」と語った。

関連記事

パイロンヒット減少が生み出した激戦

エアゲーターたちはレーストラックでさぞ退屈な思いをしているに違いない。2017シーズンの彼らは、マスタークラスだけで合計117本のパイロンを修復した。しかし、2018シーズンのパイロンヒットはこれまで46回で、パイロンヒット率は前年比60%減(第7戦インディアナポリス終了時点)となっており、これが激しいタイトル争いを生み出している。...
続けて読む

千葉:室屋はラウンド・オブ・14で敗退

Red Bull Air Race World Championship 2018シーズン第3戦千葉で室屋義秀がホームレース3連覇を実現する可能性はゼロになった。ラウンド・オブ・14でマット・ホール(オーストラリア)と対戦した室屋は、最初のバーチカルターンでオーバーGを記録してDNFとなった。ラウンド・オブ・14全7ヒートを振り返っ...
続けて読む

ジェット戦闘機 vs. レース機体

続けて読む