マスタークラス マスタークラス

カービー・チャンブリス

 United States
Thumbnail
現在の順位 順位
11
今シーズンの勝利数 レース勝利数
0
参戦シーズン数 シーズン
13
昨シーズンの順位 昨シーズンの順位
6
チームパートナー

カービー・チャンブリスはRed Bull Air Raceで安定した成績を残しているパイロットのひとりで、総合優勝2回、通算8勝を挙げている。米国・アリゾナ州出身でベテランパイロットのチャンブリスは7シーズンのキャリアを通じて第一線で活躍を続けており、2003年の初参戦以降、毎シーズン必ず1度は表彰台に上っている。2017シーズンでは第4戦ブダペストで9年ぶりに表彰台の頂点を勝ち取ると、続く第5戦カザンも勝利。2連勝を飾り、チャンピオン争いを演じた。

「Red Bull Air Raceは私向きだと思う。私はレースもアエロバティックも好きだが、Red Bull Air Raceにはそのすべてが詰まっている。スカイダイビングもするアドレナリンジャンキーの私には最適だ。もしRed Bull Air Raceで活躍を続けたいのであれば、体のケアを怠ってはならない。私も2004、2006シーズンのような総合優勝をまた成し遂げたいと思っている。そのために全力を尽くすつもりだ」

アリゾナ州の自宅の裏に専用ハンガーと滑走路を持つチャンブリスは、アエロバティックの世界王者としても知られているが、その革新的なスタイルと優れた戦術、勝利への欲はRed Bull Air Raceの発展に貢献し続けている。
2004シーズンと2006シーズンに総合優勝を果たしているチャンブリスは、2位以下では意味がないと考えている。その常に全力を尽くす姿勢から毎レース上位候補として名を連ねており、その期待に応える活躍を続けている。

長年に渡り操縦しているZivko Edge 540を自分の手足のようなものだと冗談を飛ばすチャンブリスはモトクロスからモータースポーツの世界に入ったが、13歳の時にパイロットへ転向。小さな頃からの夢を叶えた。

関連記事

フォートワース:決勝レース後 パイロットリアクション

3大陸・7カ国・8レースを経てワールドチャンピオンが決定した。Red Bull Air Race World Championship 2018シーズンは記憶に残るシーズンになった。全ての戦いを終えたマスタークラスパイロット14名のコメントを紹介する。
続けて読む

フォートワース:ソンカが優勝&ワールドチャンピオン!

Red Bull Air Race World Championship 2018シーズン最終戦フォートワースの決勝レースが開催され、チェコ人パイロットのマルティン・ソンカが優勝し、同時に2018シーズンのワールドチャンピオンに輝いた。
続けて読む

フォートワース:予選はドルダラーが首位 室屋は7位

Red Bull Air Race World Championship 2018シーズン最終戦フォートワースの予選が開催され、ドイツ人パイロットのマティアス・ドルダラーがシーズン3回目の予選首位を獲得すると同時にキャリア2回目のDHL Fastest Rap Awardも獲得し、元王者の貫禄を示した。
続けて読む