【ラストレポート】 航空スポーツを世界中に広めたレッドブル・エアレース

数多のファンを産み、航空スポーツの興奮と感動を世界に届けた究極の三次元モータースポーツの歴史を振り返る

現在の順位

1.
1.

マット・ホール

 Australia AUS
ポイント 81 00
UAE 14
RUS 22
HUN 25
JPN 20
2.
2.

室屋
義秀

 Japan JPN
ポイント 80 00
UAE 28
RUS 25
HUN 2
JPN 25
3.
3.

マルティン・ソンカ

 Czechia CZE
ポイント 68 00
UAE 22
RUS 22
HUN 21
JPN 3
4.
4.

ベン・マーフィー

 United Kingdom GBR
ポイント 48 00
UAE 1
RUS 14
HUN 22
JPN 11

最新ニュース

千葉 2019:決勝レース日 マスタークラスパイロットリアクション

シーズンフィナーレを迎えたトップパイロットたちがコメントを発表した
続けて読む

千葉 2019:室屋が優勝 ワールドチャンピオンはホール

ラストレースはホームヒーローが制し、ラストタイトルはオーストラリア人パイロットが獲得した
続けて読む

千葉 2019:マスタークラス予選 パイロットリアクション

千葉 2019:マスタークラス予選はベラルデが首位

千葉 2019:チャレンジャーカップ予選はバーガーが首位

機体の分解・組立

水中の秘密メカ

レースディレクターが語る決勝レースの見所

機体の発着会場設営を支える専門チーム

総力を挙げたトラック建設が夜明けと共にスタート

冷静に上を目指すマクロード

スピードウェイ型レーストラックの特徴

フォートワース:過去2レースを振り返る

パイロンヒット減少が生み出した激戦

インディアナポリス:決勝レース後 パイロットリアクション

インディアナポリス:グーリアンが優勝 室屋は12位

インディアナポリス:予選はソンカが首位 室屋は5位

千葉 2019:フリープラクティス3はマクロードが首位

千葉 2019:フリープラクティス1&2 パイロットリアクション

千葉 2019:フリープラクティス1&2はソンカが首位

チャレンジャーカップ:ラストレース優勝を狙う6人

室屋、ソンカ、ホールが千葉上空を記念フライト

千葉 2019:ラストレースへの意気込みと思い

勝負の行方を左右するアナリスト

パイロットのGフォース対策

ウイングレットの導入を考えるグーリアン

機体の軽量化

天候への対応

Lycoming製エンジン: エアレースを支えるパワーの源

Red Bullショップ

思い出を形に
Red Bullショップ
Shop now
Sky High Sunglasses

Sky High Sunglasses

€41.95 (incl. VAT)
Shop now
Charms Keyring

Charms Keyring

€6.95 (incl. VAT)
Shop now
Pilot Magnet

Pilot Magnet

€6.95 (incl. VAT)

パイロットの必要条件
Red Bull Air Race

Red Bull Air Raceを戦うために必要なスキルを解説する

Gフォース
00g
フィットネス&レジリエンス: パイロットにはF1ドライバ
ーの10倍以上のGフォースがかかる
Plane gforce
ロールレート
000°/s
パワー&精度: レース機体は1秒で420
°ロールする。パイロットは0.02秒でレース機体の姿勢を修正
しながらパイロンを飛び抜ける必要がある
Plane roll rate
対地速度
000km/h
集中力&直感: 時速370kmで地上15mを
飛ぶためには、0.001秒以内に反応できる
超高速の反射神経が求められる
Plane ground speed